社員ブログ
HOME  社員ブログ

アーカイブ

‘CentOS’ カテゴリ

またずいぶんかかりました。

2014年03月14日 0時26分25秒

 

kijitoranekoです。

こんにちは。

 

昨日消してしまったプロビジョン用のシェルを作りなおしました。

MySqlは5.6にしましたら、またいろいろ起動しない的な問題もありましたが、

スワップのメモリエラー的なものでした。なんとかOK。

 

これで一応Vagrant upしたら、CentOS仮想化を作って、

追加リポジトリ(epel&remi&ius)をインストール後、

ApacheとvimとPHPとMysqlのダウンロード&インストールまで、自動化しました。

リポジトリの参照ポリシーもちゃんと決めないとね。

 

あとは必要なものをシェルに追加していけばいいかな。

そのうちChefに移行しましょう。

 

Vagrantの全仮想マシンでの共通の設定は「$HOME/.vagrant.d/Vagrantfile」を参照するようです。

ですので、こちらに共通の設定は書くようにします。

それとプロビジョニング設定はVagrantfileのどっかに以下のように

config.provision “shell”, path: “provision.sh”

 

もう寝ます。

ではまた。

 


CentOS, Linux, Macintosh, 社員:kijitoraneko

Vagrantの仮想マシンのメモリサイズ変更

2014年01月30日 21時40分49秒

 

kijitoranekoです。

こんにちは。

 

VagrantFileはrubyのコードで書いてあるようです。

VMのメモリサイズもVagrantFileの以下で設定して、

vagrant upし直すと変更されます。

VMの名前も以下のように対応しているようです。

vagrant

 

 

512MBに変更して、再起動してみました。

vag2

 

変わりましたね。

OKです。

 

ではまた。

 

 


CentOS, 社員:kijitoraneko

Vagrant1.4でCentOS6.4の仮想環境を起動すると落ちる

2013年12月13日 22時47分26秒

 

kijitoranekoです。

こんにちは。

 

表題の件です。

私は今回はじめてVagrantをインストールしました。

そしたら、起動でエラーが出ると。

 

昨日今日で5,6時間は悩んだでしょうか?

ありがたい、インターネット。

↓こちら

Vagrant 1.4.0 で private_network を指定しているとエラーになる件

 

まさにこれです!

まったくこのまま、そのものズバリです。

 

私の場合、アップデートではなく、

初めてのインストールだったものですので、

私の設定やインストール方法がおかしいのだと思い込んで、

ハマり込んでいました。

 

私はMac環境ですが、

ファイルの場所も基本的には同じです。

Macでは、こちらにあります。

/Applications/Vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-1.4.0/plugins/guests/redhat/cap/change_host_name.rb


本当に助かった。

そして、起動も成功しました。

 

ではまた。

 


CentOS, 社員:kijitoraneko