社員ブログ
HOME  社員ブログ

アーカイブ

‘iOS’ カテゴリ

iOS Webページでスクロールを滑らかにしたい。

2015年03月4日 9時33分17秒

こんにちは、コブラです。

 

iOS向けにWebページに慣性スクロールを適用し、

スクロールを滑らかにしたいと思ってググってみたらCSSにて実現できました。


-webkit-overflow-scrolling: touch;
overflow-y: auto;


これだけでOKでした。

 


CSS, HTML, iOS, 社員:cobra

xcode ライブラリ管理ツール「CocoaPods」をインストールする方法。

2014年09月30日 13時57分55秒

こんにちは、コブラです。

 

以前、ピーターさんから「ライブラリ管理にはCocoaPods便利ですよ」と聞いていたので、

新しいプロジェクトでさっそく試してみようと思い、まずはインストールから。

 

CocoaPodsのインストールにはRubyが必要らしいのですが、MacOS X上には既にあるとのこと。

 

0.まずは管理者権限をもつユーザかどうかを確認。異なればsuコマンドで切り替え!

 

1.ターミナルを開き、以下を入力

sudo gem install cocoapods

 

2.『xx gems installed』と出たら、無事インストールできた合図のようです。

 

3.続いて以下を入力。完了したら、念の為ターミナルを再起動します。

pod setup

 

4.続いて、『Podfile』を作成します。

  これは、ライブラリ管理したいプロジェクトファイルと同じディレクトリにないといけないようです。

  ファイルの中身には、インストール・管理したいライブラリ名を記述します。

  ※ライブラリー名は、CocoaPodsホームページで検索できます。

 

  ちなみに、Podfileの中身はこんな感じです。ライブラリは改行することで複数指定することもできます。

platform :ios, '7.0'
pod 'ライブラリ名'

 

5.再びターミナルに戻り、Podfileの配置ディレクトリまでcdコマンドで移動します。

 

6.以下を入力

pod install

※パーミッションのエラーが出ている場合は、ユーザを切り替えて再試行してみてください。

 

7.xcodeプロジェクトのディレクトリにPodfile.lockやPodsディレクトリが作成され、

  .xcworkspaceファイルが作成されていれば成功です。

  今後は、このファイルからプロジェクトを起動してください。

 

 

なんてサラサラ書いてますが、ここにくるまで色々なエラーが…

なかなか手順通りにはいかないものですね。

 

ちなみに、ライブラリの削除はPodfileから行を消して、再度pod installを実行するだけ。

Removing XXXと出たら成功です。

それではまた。


iOS, Xcode, 社員:cobra

iPhoneアプリ、プレースホルダアイコンのままリリース申請するとリジェクトされる

2014年09月20日 13時18分02秒

こんにちは、ピーターです。

iPhoneアプリのリリースを申請したらリジェクトされました。
理由はこちらです。

Reasons

3.2: Apps with placeholder text will be rejected
3.2

We found that your app and/or its metadata does not appear to include final content, which is not in compliance with the App Store Review Guidelines.

Specifically, your app has place holder icons in the screenshots

Please see the attached screenshot for more information.

It would be appropriate to revise your Application Description to ensure it describes your app and its usage, and provides specific details about its functionality.If your iTunes Connect Application State is Rejected, a new binary will be required. Make the desired metadata changes when you upload the new binary.

If your iTunes Connect Application State is Metadata Rejected, we do NOT require a new binary. In iTunes Connect > Manage Your Applications, select your app and click View Details.

- Click Edit in the Metadata section
- Revise the desired metadata values
- Click “Save” at the bottom of the screen
- Once you click Save, you will see the “Submit New Metadata” button in the top right. Click “Submit New Metadata”

NOTE: Please be sure to make any metadata changes to all App Localizations by clicking the Edit button next to each localization.

 

申請に使ったスクリーンショットに写っているメールアプリのアイコンが、プレースホルダアイコンのままだったことが原因でした。画像を差し替えて再申請したところリリースされました。

左が変更前、右が変更後。

a 2

 

よくあるリジェクト理由にも載っていました。

Common App Rejections – App Store – Apple Developer
https://developer.apple.com/app-store/review/rejections/


iOS, 社員:ピーター