代表挨拶
HOME  会社概要  代表挨拶

代表挨拶

代表取締役社長 岩崎浩之

ベンチャーからパイオニアへ

ブロードヒューマンネットワークは私の実家の6畳間からスタートし、創業11年目を迎えるに至りました。
この5年間の取り組みは、インターネットにおける「ものづくり」と内部統制の強化というテーマをもって今日まで歩んできました。
そして、11年目のテーマは、ずばりパイオニアスピリットです。
日進月歩であるこのIT業界は今まさに成熟期に入ろうとしており、 今ここでイノベーションをコミットメントし未来の社会像を描くと共に持続的成長ができる仕組みづくりが必要だと考えています。
だからこそ、0から1を生み出すような開拓心が必要なのです。
もともとはベンチャーでスタートした企業です、こうした気概を忘れずに仲間と共に歩んで行くことが当社の強みでもあります。

人々の生活が豊かになるサービスを生み出していく

創業時には、この言葉は存在していませんでした。
多くのお客様と様々なシステム開発に関わり、その過程において気づかされました。
作ったものをお渡しして終わりではない、その先があることを。
当社にはリテラシーの高いパイオニアが日々最新の技術を追い求め、iOS/Android向けのアプリ、およびハイブリッドの開発を手がけておりますが、ブロードヒューマンネットワークの仕事はITを売り込むだけの単なるものづくりではありません。
ITの力で人と人を、人と未来を繋げる。これこそが、私たちのコーポレート・ミッションだと考えています。

これからは付加価値の高い地域密着型サービスの時代です

当社は、ITによる地域産業活性化を担っております。
群馬県で10年やってきましたが、中小企業においてはまだまだITの有効活用が出来ていないのではと感じられます。
実際に見積書・請求書・売上管理等の事務手続きを手書きで行っているところは多く、生産性と業務効率の改善の余地はあると見られます。
太田は自動車・電気機器・機械・プラスチックの産業が盛んであり、北関東を代表する工業都市でもあります。
こうした地域性もあり、群馬県の産業と市民の皆様に付加価値の高いサービスを提供できれば地域活性のお役に立てるのではと考えています。
平成26年10月吉日
代表取締役 岩崎浩之

代表取締役 岩崎 浩之


過去の代表挨拶はこちら