社員ブログ
HOME  社員ブログ
ホーム > Xcode, 社員:ピーター > 【Xcode5】xibファイルを使ったカスタムセルの作り方

【Xcode5】xibファイルを使ったカスタムセルの作り方

2014年05月13日 12時00分49秒

こんにちは、ピーターです。

xibファイルを使ってカスタムセルを作ることがあったので、その時の方法をご紹介します。

 

UITableViewCellを継承したクラスを作成します。「Also create XIB file」にチェックします。

_スクリーンショット 2014-05-12 21.12.17

_スクリーンショット 2014-05-12 21.12.58

CustomCell.xib を選択します。

_スクリーンショット 2014-05-12 21.13.54

部品を配置し、CustomCellのヘッダファイルにアウトレット接続します。

_スクリーンショット 2014-05-12 21.26.02

セルのスタイルをCustomにします。

_スクリーンショット 2014-05-12 22.02.33

作成したカスタムクラスを指定します。

_スクリーンショット 2014-05-12 21.35.07

 

カスタムセルを利用するコードはこのようになります。


#import "TableViewController.h"
#import "CustomCell.h"

@interface TableViewController ()
{
    NSArray *rows;
}
@end

@implementation TableViewController

- (void)viewDidLoad
{
    [super viewDidLoad];
    
    rows = @[@"A", @"B", @"C"];
    
    // カスタムセルを使用
    UINib *nib = [UINib nibWithNibName:@"CustomCell" bundle:nil];
    [self.tableView registerNib:nib forCellReuseIdentifier:@"Cell"];
}

#pragma mark - Table view data source

- (NSInteger)numberOfSectionsInTableView:(UITableView *)tableView
{
    return 1;
}

- (NSInteger)tableView:(UITableView *)tableView numberOfRowsInSection:(NSInteger)section
{
    return rows.count;
}

- (UITableViewCell *)tableView:(UITableView *)tableView
         cellForRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath
{
    // カスタムセルを取得
    CustomCell *cell = [tableView dequeueReusableCellWithIdentifier:@"Cell"
                                                       forIndexPath:indexPath];
    
    // カスタムセルのラベルに値を設定
    cell.nameLabel.text = rows[indexPath.row];
    
    return cell;
}

@end

 

実行結果です。

_iOSシミュレータのスクリーンショット 2014.05.12 21.36.04

 

Xcode, 社員:ピーター

  1. コメントはまだありません
  1. トラックバックはまだありません