社員ブログ
HOME  社員ブログ
ホーム > Vim, Xcode, 社員:kijitoraneko > XcodeでのVimキーバインド

XcodeでのVimキーバインド

2014年05月27日 15時51分30秒

 

kijitoranekoです。

こんにちは。

 

vimのキーバインドでノーマルモードから挿入モードへ移行は”i”キーですね。

そして逆はESCキーです。

 

このESCキー押すのはとても手間です。

改めて、キーボードの場所を見てみてください。

とんでもない場所にいますね!

なので、私はCTRL+iにキーバインドしています。

 

で、ですね。どのIDEでもエディタでも、ストレスなく作業するには、

統一感のあるキーバインドがいいので、Vimのプラグインとか入れますよね。

 

XcodeではVimのキーバインドを実現するXVimというものを使っています。

Xcodeでは、このCTRL+iにRe-Indentがバインドされているので、

.xvimrcに設定しても、こっちにキーを取られます。うざいですね。

 

ですので、私の場合、このRe-indentはCTRL+SHIFT+iに設定しています。

こうすれば、解決ですね。

2014-05-27 15.49.30

 

 

Vim使いましょう。

 

Vim, Xcode, 社員:kijitoraneko

  1. コメントはまだありません
  1. トラックバックはまだありません