社員ブログ
HOME  社員ブログ

XcodeのXVimにて

2014年05月28日 21時41分51秒

 

kijitoranekoです。

こんにちは。

 

XVimではホームディレクトリに.xvimrcファイルを配置すると、

Vimでいうところの.vimrc同様のこととなります。

 

で、今回私はいろいろやってみて、以下だけ記載しております。

“ノーマルモードキーマップ
noremap <CR> i<CR><esc>

“インサートモードキーマップ
inoremap <c-]> <esc>
inoremap <c-i> <esc>
inoremap <C-j> <Down>
inoremap <C-k> <Up>
inoremap <C-l> <Right>
inoremap <C-e> <esc>A
inoremap <C-d> <Del>

 

一番良かったのは下から2番めです。

ターミナルでもCTRL+eで、行末移動とか多用します。

私もIDEではCTRL+eは行末移動で統一したいのですが、

どうもXcodeでもIntelliJでもうまく行きませんでした。

キーバインド設定でそれっぽいものはあるのだけれど、どうも動かない。

Eclipseは出来たと思います。

 

それで、Vim使ってるんだから、.vimrcでやっちゃえばいいということで、

やりました。できました。

詳細に解説すると、

inoremapでインサートモードの時という意味。

<C-e> で、CTRL+eのキーを

<esc>Aで、置き換えています。

<esc>Aは<esc>キー押して、大文字のAを押すということ意味ですので、

Vimの動きとしては、ノーマルモードになって、行末に移動して、挿入モードに、ということになります。

目論見が達成されております。

 

めでたい!

この喜び伝わってます?

 

これは本当にめでたい!

うれしい。本当にうれしい!

ストレスがない!

 

Vim使いましょう!

ではまた。

 

 

IntelliJ IDEA, Vim, Xcode, 社員:kijitoraneko

  1. コメントはまだありません
  1. トラックバックはまだありません