社員ブログ
HOME  社員ブログ
ホーム > Android, Eclipse, Java, Macintosh, OS, スマートフォン, ツール, 社員:モンク, 開発言語, 雑記 > Android修行中5(環境構築:Eclipseを日本語化する:Mac OS X)

Android修行中5(環境構築:Eclipseを日本語化する:Mac OS X)

2013年09月24日 0時00分33秒

こんにちは、モンクです。

今回はEclipseを日本語化します。

  1. Android SDKをインストールする
  2. JDKをインストールする
  3. Eclipseをインストールする
  4. Eclipseを日本語化する
  5. EclipseにADTプラグインをインストールする
  6. EclipseにSDKの設定をする
  7. エミュレータを作成する

4.1.日本語化プラグインのダウンロード

日本語化プラグインをダウンロードします。安定板を選びます。



日本語化プラグインEclipse 日本語化 | MergeDoc Project

ダウンロードが完了したら、解凍して任意の場所におきます。

4.2.プラグインの配置

pleiades_1.4.0 フォルダの中にあるfeaturesの中身を、eclipseフォルダ内のfeatures内に置きます。
次にpluginsの中身をeclipseフォルダ内のdropins内に置きます。

4.3.eclipse.iniの編集

エクリプスのプリケーションをcontrol + クリック し、[パッケージの内容を表示]を選びます。



[Contents]->[MacOS]の中に eclipse.iniがあるので、テキストエディタで開きます。



最終行に以下を足し保存します。

-javaagent:../../../dropins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
 -Dfile.encoding=utf-8

4.4.EclipseのClean起動

ターミナルを起動して以下を実行し、Eclipseを起動します(起動に少し時間がかかります)。

/Applications/eclipse/eclipse -clean

Eclipseのスプラッシュが変化し、日本語表記になっています。
確認ができたら、Eclipse、ターミナルの順番に終了します。

次回はEclipseにADTプラグインをインストールします。

参考url:世界を目指せ!Androidアプリ開発入門

Android, Eclipse, Java, Macintosh, OS, スマートフォン, ツール, 社員:モンク, 開発言語, 雑記

  1. コメントはまだありません
  1. トラックバックはまだありません