社員ブログ
HOME  社員ブログ

アーカイブ

‘Vim’ カテゴリ

MacでVimを習ってみるには

2013年12月8日 13時58分14秒

 

kijitoranekoです。

こんにちは。

 

MacというかLinuxでも同じだと思いますが、

以下のようにターミナルでvimtutorと入力し、enter

vimtutor

 

このようにチュートリアルが立ち上がります。

vimtutor2

 

 

このチュートリアルは読みながら、

そのままvimを動かして、使い方を学べる結構素晴らしい物です。

vimは敷居が高そうですが、

本当に多彩で魔法です。

ちょっとした設定ファイルの修正を

Unixでしなくてはならない仕事もあるでしょう。

Unixでさくらエディタは使えません。

 

それだけでなくあまたあるプラグインを入れることで、

信じられないくらいのポテンシャルを発揮します。

(私もまだまだですが)

 

5回ぐらいひと通りこちらを実施すれば、

基本は手が覚えてくれるかと思います。

ぜひご活用ください。

 

CentOSでも全く同じようにvimtutorで立ち上がりました。

ぜひご活用ください。

 

ではまた。

 

 

 

Vim, 社員:kijitoraneko

Vimでいきますが?

2013年10月16日 22時16分39秒

kijitoranekoです。こんにちは。

 

基本的にマウスを使うとあれなんで、

使いません。

なので、

キーバインドは重要です。

 

結局、macでbash_rcとかbash_profileとかいじるときは、

Vim使ってるよなということで、Emacsはやめまして、

もう絶対に、Vimで決めました。

 

なので、

EclipseもAndroidStudio(IntelliJ IDEA)も

Vimのキーバインドにします。

あと、SublimeTextもそうします。

 

Eclipseはこちらのプラグインを導入

http://vrapper.sourceforge.net/update-site/stable

 

AndroidStudio(IntelliJ)はこちらからプラグイン。

Preferences >> Plugins >> Browse repositories >> IdeaVim

intelli

 

sublimeTextはこちらをゴニョります。

preference >> Settings – Userで開いたファイルに

JSON形式ですので、以下をJSON形式で記載します。

"ignored_packages":[""],
"vintage_ctrl_keys": true,
"vintage_start_in_command_mode": true,

SublimeTextの設定ファイルはDefaultをUserで上書きして設定する形です。

 

以上である程度Vimのキーバインドになりました。

ではまた。

Android Studio, IntelliJ IDEA, SublimeText, Vim, 社員:kijitoraneko