社員ブログ
HOME  社員ブログ

アーカイブ

タグ付きの投稿 ‘Java’

そろそろ Groovy / Grails やってみようかな

2014年02月22日 23時10分45秒

こんにちは。プリーストです。

僕は数年前から、Groovy、Grailsいいなぁやりたいなぁと思いつつなかなか手が付けられなかったわけですが、そろそろやってみようかなと思い立ったのでその経緯を記事にしてみました。

とりあえず、まだ思い立っだだけです。あくまで(笑)

僕がGrailsを知ったのは数年前にその時に在職していた会社のITアーキテクト講座に参加したときに、その講師の方が日本のGrailsの第一人者の方で、講義でGrailsを用いてモデリングと実装の実習を行ってからです。

現在は、Ruby on Railsの方が普及しており活動も活発で日本語の情報も豊富ですが、企業システムの面倒な細かい仕様や高いパフォーマンスを要求された場合にコンパクトなWebアプリケーション向けのRailsでは対応できない可能性があります。

事実、Twitter社は当初Railsで実装されていましたが、過負荷に耐える為にJVMベースのScalaやJavaに移行しています。
Javaで作った方がつぶしは効きそうだけど、Railsの高い生産性は欲しい。
その現実解がGroovy言語とフレームワークGrailsなのではないかと思いました。

Grailsであれば、Javaコミュニティの豊富なライブラリやサードパーティ製のプロダクトを用いて細かい要求に応えることができ、事前にコンパイルすればJavaと同程度のパフォーマンスが期待できます。

GroovyはScalaと異なり、Javaに似た文法でJavaエンジニアが入りやすく、Scalaのように関数型言語の理解が不要で敷居が低く、Java技術者が多い企業システム開発ではエンジニアも確保し易いのではないでしょうか。

また、GrailsはSpring Frameworkをベースにしている為、Grailsを使えるようになれば企業システム開発でこれから更に普及していくであろうSpring Frameworkのノウハウもカバーでき、Webサービスを作ろうと思った時には、Webサービス開発のスピードにも対応できるのではないかと考えて、Grailsが今の僕の状況と目的に合っていると思いました。

ただ、GroovyもGrailsも日本語の書籍やWebの情報が少ないので開発時に問題に出くわした時のリスクはあるのかなと思っています。
去年頃からGrailsを企業システム開発に使おうという動きが出始めているので、普及する可能性はあると踏んで、僕もそろそろ腰を据えてやってみようかなと思ったわけです。

まぁ、実際には僕自身が今までやってきたMicrosoftの技術より、OSSに興味を持ち始めていてJavaやSpring Framework、Rails、フルスタックフレームワーク、CoC、Webアプリケーション開発といったOSSの要素技術が詰まっていて、面白そうっていうのが大きいですが(笑)


以上、これからGroovy / Grails勉強してみようかな宣言でした。きっと明日から本気出すはず。


開発プラットフォームを選択する際にはこんなのもあるそうです。見てみると面白いです。
TechEmpower Web Framework Performance Comparison

 

それではまた♪

Java, フレームワーク, 社員:プリースト , , , ,

MVVMとその周辺技術 ~新技術との向きあい方~

2013年10月11日 7時31分02秒

こんにちは。プリーストです(^^)

久々に技術的なネタを考えようと思い立ちブログを書いています。


この記事は昔お世話になっていた先輩のアーキテクトの方と以前にFacebookで話した内容から発想を得ています。


○ソフトウェアプロダクト開発の分業について

今後、画面とビジネスロジック、もしくはスマホ等のクライアントサイドとWebサービス等のサーバサイドの開発、更にデザイン、もっと更にビジネス運営の分業化はもっと進んでいくと思われます。

続きを読む…

.NET, Java, Windows, スマートフォン, ツール, データベース, デザイン, 社員:プリースト, 開発言語, 雑記 , , , , , ,

ソフトウェア開発とは? 労働集約型? or 知識集約型?

2013年06月16日 14時01分59秒

こんにちは。プリーストです。

 

ソフトウェア開発とは何か?突然すぎて、普遍的すぎるこのテーマですが、最近このことを考えさせられる出来事があり、またいといろと考察してしまいました。

 

それは、ある打合せで、IT 業界のことを「労働集約型ビジネスだから~」という文脈を使ったのを聞いたという出来事です。また、「エンジニアは結局体力だよね~」という言葉も聞いたことがあり、「同じようなことをよく聞くなー」と感じた、というそこが思考の出発点です。

 

現在のソフトウェア開発とは「労働集約型の製造作業」なのです。これは現状分析としてはとても的確です。ある一定の規模の作業を細かい単純作業に分解し、ミス無く部品を製造し、それらを再度集約させて完成品を構築する。

これが、日本でのIT 業界のソフトウェア開発の基本的な思想であり、ユーザー、ベンダー、ビジネス形態、産業構造全てがその思想に最適化されています。元々完成度の高かった製造業の方法論、資産、ノウハウをそのまま適用しているケースが多い気がします。

続きを読む…

Java, 社員:プリースト, 雑記 , , , , , , ,